美白成分とは

美白をうたった化粧品は多くのメーカーから販売されています。美白と呼ばれる肌を作るためには、肌の代謝を促すために、うるおい成分や保湿成分を補うようにすることが効果的と言われています。具体的には、ヒアルロン酸などの肌内への浸透成分と、ビタミンCによる還元成分です。
美白成分と呼ばれるものとしては「アスコルビン酸」が有名です。アスコルビン酸はビタミンCの正式名称で、強力な還元力があることが知られています。ただし、物質としての安定性が弱いため、アスコルビン酸そのままを化粧成分として人体に有効な製品に加工することは大変難しくなっています。そこで、実際の製品として利用されているのが「アスコルビン酸グルコシド」と呼ばれる成分です。
アスコルビン酸グルコシドとは、ビタミンCの誘導体の一種で、非常に安定性が高く、また肌への浸透率が高い物質です。そのため、化粧品の成分に加えることでビタミンCの肌への還元力を充分に生かすことができます。また、同じような役割をするものとして「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」という成分もあります。名前が長いので「VCIP」と略称で呼ばれていることもあります。
「アルブチン」「桑白皮エキス」「油溶性甘草エキス」なども同じくよく聞かれます。雑誌やメディアなどでそれぞれ紹介されている製品もあるので、どのような働きがあるかについて調べてみることをおすすめします。いずれにしても肌質改善にはビタミンCが大変有効です。